クシタニ エアーコレクトグローブ入荷しました

クシタニさんから
K-5363 エアーコレクトグローブが届きました!

ブラック, ネイビー, グレー の3色ラインナップで税込11,000円です。
line_oa_chat_240224_111236.jpg
クシタニのHPはこちらから↓
K-5363 エアーコレクトグローブ

以前のカラー・デザインが好きだなぁという方、
残りわずかですが、エアーコレクトグローブが残っています。

今期は暖冬な様で、バイク乗りに優しい気候ですし、
ライディングギアの買い替えも早めにいかがですか。

キリカブ山のご紹介

かわいい封筒をいただきましたので、紹介させていただきます。
line_oa_chat_240222_163742.jpg

発送元は、「キリカブ カブ クラブ 事務局」様から。

大分県玖珠町にある、切り株の様な形の山、
伐株山(きり”カブ”さん)とホンダのスーパー”カブ”をかけて
スーパーカブの聖地になること、カブの広告媒体としてホンダに採用されることを目指して活動中とのことです。

周辺には観光スポット・ツーリングスポットがたくさんあり、
ホンダのバイクを生産する熊本製作所の近くということもあり、
ネットサーフィンしていると、だんだん九州に行きたくなってきました。

Facebook やインスタグラム #キリカブカブクラブ はこちらから↓
キリカブカブクラブ _ Facebook
#キリカブカブクラブ - Instagram
写真を見てると、あなたも九州へ行きたい気持ちが高まってきますよ!
今年九州に行くよ!というライダーはツーリングプランに組み込んでみてください。

いただいたチラシや観光ガイドブックは待合スペースに置いていますので、
オイル交換等の待ち時間に、是非ご一読ください。
line_oa_chat_240222_163743.jpg

なんかとてもすごい技術、Honda E-Clutchについて

皆さんこんにちは。
今日は前から気になっていたアレについて書いてみます。

昨年11月に開催されたEICMA2023にて、ホンダは世界初の新技術を発表しました。
このブログをチェックしてくださっている方の中にはご存じの方も多いかもしれませんが、
ホンダの新技術、Honda E-Clutchです。

Honda E-Clutchを私が一言で表すならば、
「クラッチレバーを操作してもいいし、しなくてもいいMTバイク」です。

これがどういうことなのか、説明していきますね。

Honda E-Clutchはクラッチの操作のみを自動で行い、
「“変速は常にライダー側で行う”MTシステム」です。
クラッチ操作を自分で行うこともでき、いつでも切り替え可能です。

これだけ聞くと、クイックシフターと変わらないんじゃないの?
と思う方が多くいらっしゃると思います。
私も最初はそう思いました。
しかし、クイックシフターは発進、停止時のクラッチ操作が必須。
渋滞などにつかまると、クラッチレバーの細かい操作を繰り返し、
左腕が非常に疲れる場合もあります。
ところが、Honda E-Clutchは発進、停止時もクラッチ操作が不要なのです。
もう渋滞も怖くありません。
また、クイックシフターは、上下シフト時に対応するには電子制御スロットル装備車に限定されます。
電子制御スロットル非装備車ではシフトアップ時にしか対応していませんでした。
Honda E-Clutchは電子制御スロットル非装備車に追加するような形の装備のようで、
今後多くの車種に対応してくれるのではないかと期待できます。
250ccクラスに対応してくれれば、
ビギナーライダーがさらに安心してバイクに乗れるようになりますよね。
すそ野を広げる活動や安全運転にかかわる活動を重視している、
ホンダらしい技術だなと感じました。

ほかに、ホンダの技術の中で混同されがちなものにDCTがあります。
DCTはクラッチレバーがそもそもついておらず、
ギアチェンジも基本的に自動で行ってくれるシステム。
ギアチェンジに関しては任意での操作も可能です。
旅をする楽しさに重きを置くライダーなどDCTを高く評価してくださる方がたくさんいらっしゃいます。
一方で、クラッチレバーがついてないとバイクに乗る楽しさが減ってしまうと考える方もいるようです。
そんな中で、普段はクラッチレバーを操作でき、疲れたらバイクに任せることができるこのシステムは、
すべてのライダーにメリットのある新時代の技術と言えるでしょう。

Honda E-Clutchに関する詳細は、ホンダ公式HPをご覧ください。
電子制御クラッチ「Honda E-Clutch」 -Hondaが考える、ライディング体験の新たな楽しさ-

現在、Honda E-Clutch搭載予定の車両はCBR650R、CB650Rの2車種のみです。
発売後、試乗車を導入予定ですので、続報をお待ちください。

CL500&TRANSALPオプションクーポンキャンペーン

皆さんこんにちは。ホンダドリーム近江八幡スタッフのMです。
今回は、新車購入がとってもお得になるキャンペーンを紹介します。

CL500TRANSALPクーポン

先日よりホンダから、
CL500もしくはTRANSALPの新車をご契約でご利用いただける
オプションクーポンプレゼントキャンペーンが始まりました!
CL500は気軽に楽しめる大型バイクとして、
また国内モデルでは少なくなっていたスクランブラーモデルとして大人気。
TRANSALPは新規開発の750ccエンジンを搭載し、
気軽さとパワフルさを両立した軽快な乗り味のツアラーモデルです!

それぞれオプションが数多く発売されているので、
あれこれと選ぶ楽しさも嬉しいですね。

・対象機種 CL500、XL750 TRANSALP
・期間 2024年6月30日までのご成約かつ7月31日までのご納車
・内容 Honda純正アクセサリー及びカスタマイズパーツに使える3万円分オプションクーポン
詳細はこちらのHPをご確認ください!
Honda Dream Netework キャンペーン情報

両車種ともに試乗車がございますので、
ぜひ見て、乗って、確かめてくださいね!

さらに!
TRANSALPには当店からもオプションプレゼントキャンペーンを実施しています!
当店にてTRANSALP新車ご契約の方に、
TOP BOXなど約10万円分のオプションをプレゼント!

こちらは今月末までなのでお早めに!

両車種とも、店頭在庫がございますので即納可能です!
ぜひご来店ください!

ダカールラリー2024 ホンダが総合優勝!

モトクロスのレース以上に認知度が低いと思うのですが、今年もダカールラリーが終わりました。

ワクワクしながら、ほぼ毎日観戦していて (といってもwebの記事を追うだけですが・・・)
今年は三年ぶりにホンダが総合優勝を果たしたこともあり、個人的には嬉しいレースになりました。

と言いましても、そもそもダカールラリーって何?という方も多いのではないでしょうか。
すごく大雑把にルールを説明すると、
紙に書かれた指示を頼りに、砂地・岩場のコースをいかに早く&指示通りに走り切るか、というレースです。
総走行距離8000km弱を14日間かけて走破するので、数時間で結果が出るレースと違い、
応援しているメーカーやライダーの順位を毎日チェックしていると楽しいですよ。


数年前ですが、ホンダのHPで歴史・ルール・用語についてまとめてくれているので、
ちょっとでも興味を持っていただいた方は、まずはこちらを読んでみてください↓
歴史編 _ ダカールラリーをもっと楽しむための豆知識 _ ダカールラリー(DAKAR Rally) _ Honda
ルール編 _ ダカールラリーをもっと楽しむための豆知識 _ ダカールラリー(DAKAR Rally) _ Honda
用語集 _ ダカールラリーをもっと楽しむための豆知識 _ ダカールラリー(DAKAR Rally) _ Honda

興味を持っていただいた方は、今年のレースをオフワン・ドット・ジェイピーさんがまとめてくださっているので、チェックしてみてください。
優勝チームのダカール2024公式ハイライトムービー、Monster Energy Honda Team - Off1.jp


日本では、ダカールラリーの様なレースは無さそうですが、ラリーと名の付くレースは四輪で開催されます。
フォーラムエイト・ラリージャパン2023 公式サイト
ラリーとは/用語集
観戦エリア|Rally Japan
↑一部昨年の情報ですが、このあたりのページを読んでもらえると雰囲気をつかんでいただけるかと。


ジャンルを問わなければ、近場でもいろんなレースが開催されています。
ツーリングルートにレース観戦を組み入れると、いつもと違うバイクの楽しさに出会えるかもしれませんよ。

プロフィール

ホンダドリーム近江八幡

Author:ホンダドリーム近江八幡
滋賀県近江八幡市のホンダドリームです。ホンダの250cc以上のバイクをメインに扱っています。カワサキ、ヤマハ、スズキ、KTMの車両は当店隣接地の≪カワサキプラザ滋賀≫と≪ナカキホンダ≫へご相談ください。

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -