なんかとてもすごい技術、Honda E-Clutchについて

皆さんこんにちは。
今日は前から気になっていたアレについて書いてみます。

昨年11月に開催されたEICMA2023にて、ホンダは世界初の新技術を発表しました。
このブログをチェックしてくださっている方の中にはご存じの方も多いかもしれませんが、
ホンダの新技術、Honda E-Clutchです。

Honda E-Clutchを私が一言で表すならば、
「クラッチレバーを操作してもいいし、しなくてもいいMTバイク」です。

これがどういうことなのか、説明していきますね。

Honda E-Clutchはクラッチの操作のみを自動で行い、
「“変速は常にライダー側で行う”MTシステム」です。
クラッチ操作を自分で行うこともでき、いつでも切り替え可能です。

これだけ聞くと、クイックシフターと変わらないんじゃないの?
と思う方が多くいらっしゃると思います。
私も最初はそう思いました。
しかし、クイックシフターは発進、停止時のクラッチ操作が必須。
渋滞などにつかまると、クラッチレバーの細かい操作を繰り返し、
左腕が非常に疲れる場合もあります。
ところが、Honda E-Clutchは発進、停止時もクラッチ操作が不要なのです。
もう渋滞も怖くありません。
また、クイックシフターは、上下シフト時に対応するには電子制御スロットル装備車に限定されます。
電子制御スロットル非装備車ではシフトアップ時にしか対応していませんでした。
Honda E-Clutchは電子制御スロットル非装備車に追加するような形の装備のようで、
今後多くの車種に対応してくれるのではないかと期待できます。
250ccクラスに対応してくれれば、
ビギナーライダーがさらに安心してバイクに乗れるようになりますよね。
すそ野を広げる活動や安全運転にかかわる活動を重視している、
ホンダらしい技術だなと感じました。

ほかに、ホンダの技術の中で混同されがちなものにDCTがあります。
DCTはクラッチレバーがそもそもついておらず、
ギアチェンジも基本的に自動で行ってくれるシステム。
ギアチェンジに関しては任意での操作も可能です。
旅をする楽しさに重きを置くライダーなどDCTを高く評価してくださる方がたくさんいらっしゃいます。
一方で、クラッチレバーがついてないとバイクに乗る楽しさが減ってしまうと考える方もいるようです。
そんな中で、普段はクラッチレバーを操作でき、疲れたらバイクに任せることができるこのシステムは、
すべてのライダーにメリットのある新時代の技術と言えるでしょう。

Honda E-Clutchに関する詳細は、ホンダ公式HPをご覧ください。
電子制御クラッチ「Honda E-Clutch」 -Hondaが考える、ライディング体験の新たな楽しさ-

現在、Honda E-Clutch搭載予定の車両はCBR650R、CB650Rの2車種のみです。
発売後、試乗車を導入予定ですので、続報をお待ちください。

コメント

非公開コメント

プロフィール

ホンダドリーム近江八幡

Author:ホンダドリーム近江八幡
滋賀県近江八幡市のホンダドリームです。ホンダの250cc以上のバイクをメインに扱っています。カワサキ、ヤマハ、スズキ、KTMの車両は当店隣接地の≪カワサキプラザ滋賀≫と≪ナカキホンダ≫へご相談ください。

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -