EICMA 2019 (ミラノショー) で CBR1000RR-R FIREBLADE を発表!!

当店定休日に、EICMA 2019(ミラノショー)で2020年のニューモデル
「CBR1000RR-R FIREBLADE SP」と「Rebel 500」が世界初公開されました。


CBR1000RRは、待望のフルモデルチェンジ!!
名前も「CBR1000RR-R FIREBLADE/SP」、と「R」が1つ増え、「FIREBLADE」も加わることに。

1572845820777.jpg


各部の軽量化と高回転化を達成し、なんと新設計のエンジンは、218PS, 160kW/14,500rpm。
SPタイプは、これまでと同様に、フロントキャリパーにBrembo(ブレンボ)社製、
フロント・リアともに、Öhlins(オーリンズ)製の電子制御式サスペンションを採用です。

MotoGPワークスマシンのRC213Vで培われた技術を取り込んでいるというこで、来年のレースが楽しみですね。


そして、昨年も大人気のRebel は、
灯火器に新デザインLEDを、渋滞時やロングツーリングが快適になるアシストスリッパークラッチを採用。
これまでの通常モデルに加え、工場装着の純正用品装着タイプ「S Edition」が登場。
今回はレブル500のみの発表ですが、レブル250も気になるところですね!!


ホンダ公式HPはこちら↓ 車両の詳しい情報が気になる方は、ご来店ください。
Honda EICMA 2019(ミラノショー)出展概要


また、同イベントでCB650Rベースのコンセプトモデル「CB4X」も出展されました。
Honda EICMA 2019(ミラノショー)にコンセプトモデル「CB4X」を出展
こちらの市販予定は聞きませんが、CBR650RやCB650Rに兄弟車種が増えれば
今人気のミドルクラスが更に活気付きそうですね!

各市販予定車をいち早くゲットしたい!というかたは、
早めにご来店いただきスタッフにご相談ください!