なんかとてもすごい技術、Honda E-Clutchについて

皆さんこんにちは。
今日は前から気になっていたアレについて書いてみます。

昨年11月に開催されたEICMA2023にて、ホンダは世界初の新技術を発表しました。
このブログをチェックしてくださっている方の中にはご存じの方も多いかもしれませんが、
ホンダの新技術、Honda E-Clutchです。

Honda E-Clutchを私が一言で表すならば、
「クラッチレバーを操作してもいいし、しなくてもいいMTバイク」です。

これがどういうことなのか、説明していきますね。

Honda E-Clutchはクラッチの操作のみを自動で行い、
「“変速は常にライダー側で行う”MTシステム」です。
クラッチ操作を自分で行うこともでき、いつでも切り替え可能です。

これだけ聞くと、クイックシフターと変わらないんじゃないの?
と思う方が多くいらっしゃると思います。
私も最初はそう思いました。
しかし、クイックシフターは発進、停止時のクラッチ操作が必須。
渋滞などにつかまると、クラッチレバーの細かい操作を繰り返し、
左腕が非常に疲れる場合もあります。
ところが、Honda E-Clutchは発進、停止時もクラッチ操作が不要なのです。
もう渋滞も怖くありません。
また、クイックシフターは、上下シフト時に対応するには電子制御スロットル装備車に限定されます。
電子制御スロットル非装備車ではシフトアップ時にしか対応していませんでした。
Honda E-Clutchは電子制御スロットル非装備車に追加するような形の装備のようで、
今後多くの車種に対応してくれるのではないかと期待できます。
250ccクラスに対応してくれれば、
ビギナーライダーがさらに安心してバイクに乗れるようになりますよね。
すそ野を広げる活動や安全運転にかかわる活動を重視している、
ホンダらしい技術だなと感じました。

ほかに、ホンダの技術の中で混同されがちなものにDCTがあります。
DCTはクラッチレバーがそもそもついておらず、
ギアチェンジも基本的に自動で行ってくれるシステム。
ギアチェンジに関しては任意での操作も可能です。
旅をする楽しさに重きを置くライダーなどDCTを高く評価してくださる方がたくさんいらっしゃいます。
一方で、クラッチレバーがついてないとバイクに乗る楽しさが減ってしまうと考える方もいるようです。
そんな中で、普段はクラッチレバーを操作でき、疲れたらバイクに任せることができるこのシステムは、
すべてのライダーにメリットのある新時代の技術と言えるでしょう。

Honda E-Clutchに関する詳細は、ホンダ公式HPをご覧ください。
電子制御クラッチ「Honda E-Clutch」 -Hondaが考える、ライディング体験の新たな楽しさ-

現在、Honda E-Clutch搭載予定の車両はCBR650R、CB650Rの2車種のみです。
発売後、試乗車を導入予定ですので、続報をお待ちください。

【新型】CBR600RR 発表です

この土日も続々とご予約が入りました!
年内最後の更新は、【新型】CBR600RR発売のご案内です。

2231222-cbr600rr_001L.jpg


生産終了してから暫く音沙汰の無かったCBR600RRですが、ようやく新モデルの発表です!
排ガス規制をクリアしたことはもちろんの事ながら、
これまでオプション対応だったクイックシフターが標準装備になりました。

前モデルの発売が2020年8月で、そこから3年以上経っているのにも関わらず
価格は据え置き&新色ブラックカラーは33000円安いという、謎の価格設定です。

国内の年間販売計画台数も1,000台から1,500台にアップしていることもあり、
ホンダの”この車種を売っていくぞ!”という気合いを感じます。

仕様変更の詳細はこちらから↓
スーパースポーツモデル「CBR600RR」の一部仕様を変更し発売

モデル詳細はこちらから↓
CBR600RR _ Honda公式サイト


生産数は以前より増えそうな印象ですが、ご購入検討されている方は早めにご相談くださいね。

それでは皆さん良いお年を!

レブル250 在庫あります

軽二輪ではダントツ人気のレブル250ですが、当店は在庫確保しています!
line_oa_chat_231112_122008.jpg

ノーマルタイプは
 ●パールメタロイドホワイト
 ●パールスモーキーグレー
 ●マットガンパウダーブラックメタリック
の全色揃ってます。
SEは
 ●チタニウムメタリック
のみ在庫ありです。

まだまだ年内納車は間に合いますよ~。

車両の詳細はこちらから↓
Rebel 250 _ Honda公式サイト

モビリティショー明日閉会。電動バイクBENLY e: II 試乗車用意しました

先日から開催されているジャパンモビリティショー2023はチェックしていただきましたか?
他メーカーのニューモデルも熱いですが、
ホンダも4輪を含めいろいろと面白いものが出ていましたね。

SC e: Concept(業務用でないデザインのEVスクーター)や、Motocompacto(電動のモトコンポ)、
電動キックボード・自転車など、コンセプトモデルも多いのですが、
市販車モデルの発表会とは違う、近未来的な雰囲気も個人的には好きです。

さて、そんな電動バイクですが当店では 「BENLY e: II」 の試乗車を用意いたしました!

原付二種のため、125cc相当のパワーだと思ってもらっていいのですが、
やっぱりガソリン車とEVでは、全然違います!一度体験してみる価値ありです!
電動の走りの良さってこういうとこなのね!と思ってもらえることでしょう。

車両の詳細はこちらへ↓
BENLY e_ _ Honda公式サイト


ちなみに、JAPAN MOBILITY SHOW 2023では、明日11/5 15:00から
「緊急企画!ジャパンモビリティショー大反省会 マツコデラックス×自工会会長 豊田章男」を開催。
なにやら面白そうな企画ですねー。
マツコデラックスさんって自分で車好きって言ってますもんね。
いろいろと一般ユーザー目線でぐさぐさ言ってくれるのかな?と思います。
youtubeでライブ配信もされるので、東京は行けないよ、という方はスマホでチェックしてみてくださいね。
トークセッションの詳細はこちら↓
ジャパンモビリティショー大反省会 マツコデラックス×自工会会長 豊田章男

そして!モビリティショーが終わって11/7からはEICMA(ミラノショー)が始まります!
こちらでも新機種・新技術が盛りだくさんなんでしょうね!
こちらもとっても楽しみです!

みなさんも引き続き、バイクメーカー新情報のチェックよろしくお願いいたします!

GB350 / GB350S 在庫状況

ホンダの大人気車種のひとつGB350シリーズは、なかなか潤沢な在庫状況にならないのですが・・・

12月7日に
 ●GB350S<ブルー>プコブルー
 ●GB350S<グレー>パールディープマッドグレー
 ●GB350S<ブラック>ガンメタルブラックメタリック
のSタイプばっかりですが、各色展示車両・在庫車両として揃います!

ただ、これらの車両も契約者が決まれば、ピットへ移動していきます。
寒くはなってきますが、グリップヒーターもスクリーンも取付可能です。
年内納車も可能ですので、ぜひご検討を。

プロフィール

ホンダドリーム近江八幡

Author:ホンダドリーム近江八幡
滋賀県近江八幡市のホンダドリームです。ホンダの250cc以上のバイクをメインに扱っています。カワサキ、ヤマハ、スズキ、KTMの車両は当店隣接地の≪カワサキプラザ滋賀≫と≪ナカキホンダ≫へご相談ください。

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -